エンジェルズ・エンヴィ/Angel’s Envy

Angel’s Envy
Finished in
Port Wine Barrels

 バーボンスクエアのボトル棚に並ぶウイスキーたちは 広島の他のバーではあまり見かけないものがほとんど。
なので、たまに「それ知ってる!」とか、「いいの置いてますね!」とか言われるとうれしい。

そんな中でも最近指名?が増えてきてきたのは ボトルデザインもおしゃれなエンジェルズ・エンヴィです。

ということで今回のテーマに取り上げてみました。

 

天使も羨む光の滴

 エンジェルズエンヴィは新設ラッシュのアメリカン・ウイスキー蒸留所の中でも、伝統的なケンタッキー州での蒸留で、Kentucky Straight Bourbon Whiskey の表記がそれを誇っています。この一文は、 ”ケンタッキー州で2年以上ウイスキーを熟成させた” というバーボンの最低基準(のひとつ)をクリアした銘柄だけに表記が許されているものです。

 ウイスキー評論家の味の評価も高い。
新世代のバーボンらしく、しつこくない甘さでスコッチ好きにも受け入れやすい味。
作り手もしっかりしていて、老舗のブラウンフォーマン蒸留所でマスターディスティラーだったリンカーン・ヘンダーソン氏が創った蒸留所だそうで、あのウッドフォード・リザーブやジェントルマン・ジャックなど、日本でもなじみのあるバーボン・ウイスキーを手掛けてきた人物です。

 エンジェルズ・エンヴィは基本的に6年熟成の原酒で構成されていて、仕上げの半年はポートワイン樽で追熟させているのが特徴です。

 同じシリーズでライがあるようですが、そちらはラム樽で追熟。これも気になりますね。
あとはツウ向けにバレルストレングスもあるようです。

 こだわりのデザイン同様スモールバッチは8~10樽というごく少量を厳選。同じスモールバッヂといっても蒸溜所の規模によって様々です。
天使の羨望という名前に相応しいブランドですね。

 

 個人的には昔ながらのフルボディで甘味もあるバーボンが好みですが、いつものバーボンより甘さ控えめで飲みたい日や、重いのはちょっと‥という方には持ってこいのウイスキーではないでしょうか。

 バーボンのボトルは様々なデザインがありますが、何を買っていいのかわからないという人は、そのデザインで決めて「ジャケ買い」したらいいんじゃないでしょうか。
造り手のイメージがボトルデザインなら、あなたのイメージにも合った中身が期待できるはずです。

 

Shot bar Bourbon Square
 Mikawa chou 1-2 , 2F
 Nakaku Hiroshima city
TEL : 082 242 3668
Mail : fabbyprin@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。