オールド・フィッツジェラルド

1849 と聞けばバーボン好きならなにを思い浮かべますか

 

大概の人はオールドフィッツジェラルドの「1849」がおもいつくのでは?

数年前に廃版になったボトルですが、当時は広島のバーでもよく見かけたボトルでした、が今はさすがに見なくなりましたね。

Old Fitzgerald

オールドフィッツジェラルドは上品な味のバーボンというイメージで通っているのではないでしょうか。

フレーバー・グレーンにライ麦がよく使われるのがバーボンですが、ライの代わりに小麦を使うためまろやかな味になっています。ほかにはメーカーズマークが小麦を使っていることで有名ですね。

1870年にジョン・E・フィッツジェラルドが創業したブランドでプライベートクラブなどに向けてつくっていたそうですが、もともとは禁酒法時代も政府の許可を受け生産を続けていた「スティッツェル・ウエラ―社」が前進で、今回のボトルの1849はそのウェラー社の創業年です。
会社や蒸留所の佇まいがシックで落ち着いた雰囲気だったこともあって優雅で洗練されたバーボンというイメージがついたようです。
もちろんそれだけではなく、厳選材料と入念なサワーマッシュ製法、長期熟成でその人気を確かなものにしてきました。
味がガッツリ系のバーボンではないので女性にも人気が高いです


ラインナップは
1849が中クラスのボトルで90proof(45度)
その上に101proofと
100proofのVery Very Old Fitzgeraldなんてのもあった模様
あとはスタンダード品のプライム6年と、8年、BIB(Bonded)などがあったようですね。

 

バーボンスクエアでも最後のボトルが残りわずか。蒸留酒と言えど開封したらなるべく早く飲まないと味は落ちてしまうので
残り少なくなると進める率が高くなります。

またいつ手に入るか、入荷しようとするかわかりませんし
なくなる前にバーボンの歴史の一杯をどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。